北海道のエピレーシック

近年、レーシックが北海道でも注目されています。近視の人は視力矯正のために眼鏡やコンタクトを用いていますが、レーシック手術を受ければ裸眼で生活できるのでぜひやりたいですよね。レーシックは1990年頃から始まり、1995年に日本で認可されました。そういう意味ではまだまだ新しい治療ですよね。手術の内容は、レーザーで角膜の表面を剥離させて、蓋状のフラップという膜を作り、その下にある角膜実質を削ることで光の屈折率を変えるというものです。角膜の表面は元通りになりますが、手が加わった角膜実質は元に戻らないので、近視の矯正を長期間維持することができます。レーシック手術には一般的にはマイクロケラトームという器具が用いられますが、角膜が薄かったり、フラップが剥がれてしまいやすい体質の人にとってこの器具は適していません。そこでエピレーシックという方法が新しく開発されました。エピレーシックは一般的なレーシックよりもフラップを薄く作る事ができますので、角膜が薄い体質の人でも手術をすることが可能ですし、フラップが薄いので、手術をした後にフラップを戻しても最終的にはフラップが消えてなくなり、新しい上皮細胞が生まれるのでフラップが剥がれてしまいやすい運動を激しくする人でも不安になる必要はありません。ところがフラップができるまでには時間を要しますので、痛みがあることと、一定期間はゴーグルやサングラスを着ける必要があります。手術の後は目をしっかり保護する必要がありますが、これまでレーシックを受けられないと言われてきた方もエピレーシックの登場で、視力回復ができるようになったのでぜひ検討してみてください。

 

レーシック 新宿

美容整形 池袋

美容整形 大宮

美容整形 福岡

レーシック 愛知